個人再生・弁護士.net

個人再生のデメリット※10年後まで…!?

借金を現在借り入れている方の中で、月々の返済が苦しいと感じている方はいらっしゃいますでしょうか。おそらく楽だと感じている方はほとんどいらっしゃらないと思いますが、返済できないほど苦しいと感じている方がいらっしゃれば、一度弁護士事務所などに相談に行ってみると良いのではないでしょうか。
弁護士事務所ではさまざまな債務整理の相談に乗ってもらうことができますが、その債務整理の方法の一つに個人再生があります。個人再生とは、任意整理とは違ってきちんと裁判所に手続きを行うものであり、これを行うことによって借金をおおよそ5分の1程度まで減額してもらうことができます。また、自己破産と違って住宅などの財産を手放す必要はありませんので、自己破産ほど重くはないが裁判所の認可を受けなければならない債務整理の方法ということになります。
この個人再生を行ったことによるデメリットというものももちろんあります。裁判所に申請を行ったということですから、その履歴はしっかりと個人信用情報に掲載されてしまいます。つまり金融機関にとってのブラックリストに入ってしまうのです。それによる具体的なデメリットは、その後長期間にわたって新たなローンが組めなかったり、クレジットカードを発行できなかったりすることが主に挙げられます。大きなデメリットはありますが、自己破産のように全財産を失うということはありませんので、その前にとり得る手段としては有効でしょう。